2015年9月アーカイブ

看護師は皆同じ

男性であっても女性であっても、看護師として働く内容はかわりません。
でも担当になる患者さんには違いがあるみたいですね。例えば循環器の看護師採用情報なんかで仕事内容を見てるとそう思います。
私の職場で患者さんに言われたことがあるのですが、自分が女性だから看護師さんも同性にしてほしいということ。
こうしたときには、男性看護師のほうはどうしてなのかと思いやる気をなくしてしまう人も少数ではありますがいるものです。
担当を外されたからといって何もすることがないといったわけではないですから、他に多く残されている業務をこなしていけばいいのです。
でもおもしろいもので、入院患者に賛成が増えてくると・・・
また男性看護師は大人気になるのです。
経験してきた中で、男性看護師のほうがかなり繊細だということに最近気付き始めました。
どうしても女性の視点から患者さんを見るときには、お世話をという思いがあるのですが、男性の場合は、患者ができることは自分でやらせてみようという考えがあるようで、必要以上の手助けをしないという傾向があると思います。
これはすごく患者にとって回復を早めることに繋がっているのではないかと思います。
 
 

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。