2017年12月アーカイブ

かぶとむし

カブトムシといえば、夏にとれる(?)虫(?)で、昔は男子がこぞって集めてたものです。
今もそうかな?

親戚の家では昔、玄関に幼虫を育てていて、そこにいくたびに
「まだ?」「まだ?」って聞いてたのを思えています。
その時はなーーんとも思ってなかったけど、けっこう計画的に育てていかなくてはいけないのだってことが
最近分かりました。
以下がそうなんですって。

①♀に産卵させる(8月頃)
②卵を採取する(9月頃)
③幼虫を育てる(10月~5月頃)
④サナギになる(5月~6月)
⑤羽化して成虫になる(6月~7月)

親戚の家でもこれをやっていたのかなー?

ではどんな部屋が良いのか。
Sサイズ程度の大きさの飼育ケースに薄くハスクチップを敷き、エサを置いてあげればOKです。

湿気とかある程度ないとダメだと思うけど、土でいいみたい(?)。

カブトムシ、、、男子の憧れのものですが、育ってくれると嬉しいもので、
毎年育ててみたくなるもの、ですね。
いやー、なんだか昔を思いだしちゃったなー。

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。