警察の仕事

そういえば急に思い出したのですが、むかーし、知り合いの家に泥棒が入ったそうです。
そのさい、犯人は缶コーヒーを飲んで、飲んだ空き缶が机の上にあったそうなんです。
それでも犯人は捕まらなかった。
なにを取られたのか記憶にはないけど、金額とかそういう問題じゃなく、
そんな証拠があったら捕まりそうですよね。
なのに捕まらなかった、もう時効だと思う。

日本の警察は優秀だというけど、すごい大きな事件は解決するけど、
小さな(?9事件は解決に至らない。
そこに理不尽さを覚えるって、その本人も言ってました。

それからもちろん鍵を変えるとかセキュリティーを強化するとか
したみたいですが、
それから泥棒は入ってないけど、その時の犯人は捕まらない。

警察も頑張っているのでしょうけど、なんだか腑に落ちないですね。

缶コーヒーくらいでは分からない、というのも分からないではないけど、
そういうアホな犯人にあざ笑われているようで悔しい。

警察の人達、どうか小さな(?)事件でも手を抜かず
犯人を捜しだしてくださーい。
お願いしまーす。

このブログ記事について

このページは、しゅんが2018年1月 1日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かぶとむし」です。

次のブログ記事は「外国のお金」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。