外国のお金

外国のお金って、持ってても突然使えなくなることがあります。
インドのお金が急に使えなくなった話、覚えてますか?
びっくりしたでしょ。

持ってたからすごい困りましたよ、なんとかなりましたけど。
それはラッキーだったからであって、そうじゃなかったら紙切れです。

今、イギリスのお金もあって、新しくなってるので古い紙幣はどうなるのかなって不安です。

さて、新しいお札はロンドン 英中央銀行のイングランド銀行は、
「高慢と偏見」などで知られる作家ジェーン・オースティンの肖像を印刷した新10ポンド紙幣を
発行すると発表しました。

現在の10ポンド札には科学者ダーウィンの肖像が描かれているんですよー、
知ってました??

「ジェーン・オースティンはまちがいなく英国の紙幣に描かれた選ばれし歴史的人物たちと肩を並べる人物だ」と、
言った人がいるのですが、
オースティンの小説は魅力があって英文学の最も偉大な作家の1人と認められているのです。

オースティン、、、有名ですね。
そのオースティンの紙幣になっていくなんて、
女性としては嬉しいです。
そしてもっとオースティンさんのことを日本人にも知ってもらいたいなー。


このブログ記事について

このページは、しゅんが2018年2月 1日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「警察の仕事」です。

次のブログ記事は「床の修繕」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。