ボディガード

日本の天皇家にもボディガードっぽいSPがついて回りますが、
イギリスのロイヤル・ファミリーにも付いて回って、

良まれた時からそういう環境で育った人たちと、メーガンさんのように、
有名ではあるけど自由に生きてきた人にはそれが苦痛に感じるのかも、
って報道がありました。

ここだけ読むと「そうだよねー」ってなるけど、メーガンさん自身がどう思っているのかは分かりません。
なにしろ女優ですからね、公の場ではにこやかにふるまうことが出来ます。

キャサリン妃はもともとイギリスで家柄もよく、そして将来のキングのパートナーとしてのふるまいも出来ています。
覚悟もあったのでしょう。
国民に人気もありますね。

同じように、いやもっとすごいのかも、、ですが、ボディガードはついています。
でもそれが問題になったことはない。

メーガンさんは「ボディガードが辞めたぞ。、何があったんだん」とすぐに話題に。
可哀想だけど、それもあそこに嫁いだ定めだと思わないとですねー。

実の安全が保障されているわけですからね、
我慢しなくては、そしてそれが王室の人達の勤めでもあるのだ。
わかttるーー?メーガンさーーん??

このブログ記事について

このページは、しゅんが2019年6月 1日 01:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タコス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。