スーツケースに隠すもの

空港の税関でつかまるので、一番タチが悪いのが覚せい剤などのドラッグ。
スーツケースに細工して持ち込むからねー。
見つかるだろ、って話ですが、まれにそのまま持ち込めてしまう事があるから、
だからやるんだとも思うのです。
だってあとをたたないでしょ、同様の手口が。
少しは勉強すると思うんだよね、でも減らないってことは、時々は成功してるんじゃないの?

さて、それで見つかったコカインなどは当然廃棄させられてしまい、
持ち込もうとした人は裁判にかけられます。

去年、ガイコク人が400グラムくらいの覚せい剤をスーツケースに入れて(だから!)、
見つかり、そのまま裁判に、、、ところが、
なんと無罪になったんです。

確固たる証拠がない、として。

証拠はあるでしょーー!?
そこに覚せい剤があったんだからーーー!
とも思うけど、本人が意図したかどうかも確証がない、とのことでした。
こんなんで無罪になってしまうから、またやる人は出てくるのでは?
しっかりしてくれーーー。

なんかおかしいぞこの裁判。

このブログ記事について

このページは、しゅんが2020年4月 1日 15:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「同じものを食べても。」です。

次のブログ記事は「余命宣告番組」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。